植物からの贈りもの*

クリスマス・ウィーク真っ只中ですね。
普段はあまり馴染みがなくても、この時期には、
イエス・キリストを思うという方も多いのではないでしょうか。

今日は、そんなクリスマスとイエス様にちなんだ、
植物たちからの贈りものについてのお話です。



f0325859_18032480.jpg



写真は、アロマセラピストの友人から頂いた、
オリジナルのエッセンシャルオイル・ブレンド。
その名も、

『聖書ブレンド~イエス様のご降誕~』

今の時期にぴったりの贈りものです♪

入っているエッセンシャルオイルは、
乳香(フラキンセンス)と没薬(ミルラ)。

この2種のオイルは、新約聖書の、
イエス・キリストの誕生を伝える記述の中に登場するのです。

イエス誕生の際、星に導かれて東方の国から訪れた
3人の博士がいました。

”家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。
彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、
黄金、乳香、没薬を贈り物として捧げた

(マタイによる福音書2:11)

乳香と没薬は、黄金と共に”宝の箱”に仕舞われ、
救い主誕生のお祝いとして捧げられるほど
高価で貴重なものだったことが分かります。

2千年前のイエスの時代、そしてもっとずっと以前から、
人類に寄り添い生きてくれている植物たち。
歴史と彼の地に思いを馳せ、感謝を気持ちを送りながら、
大切に使いたいオイルです。

一緒に写っているのは、
その友人推薦のアロマテラピーについての書籍です。
聖書に登場する植物や香油を含め、
アロマのことが分かり易く書かれています。





★・・・Merry Christmas・・・★







# by juno-3 | 2016-12-23 00:37 | 花・自然 | Trackback | Comments(2)

・不思議のアジサイ・



 
今日、”撮れたて”の写真です。
大切に育てている、鉢植えのアジサイ。



f0325859_20201620.jpg



<本日、12月12日の様子>


夏あたりから「緑色」の時期が長かったのですが、
11月末になって、ほんのりと、
紅色が射してきました。
寒いのに元気。そしてまだまだ瑞々しい!

半年前、どんなだったかと言うと・・・、










f0325859_20203135.jpg



<6月16日、うちに来た頃の様子>


すっかり色が変わってしまって思い出せなかったけれど、
過去画像を見つけてビックリ!
まるで 別人 別花。

このアジサイ、その名も・・・、

マジカルアジサイ。

不思議のアジサイ。


「不思議、だいすき」
というコピーが昔ありました。
たぶん、もう大昔です。
私はこの言葉が好きで、心の内で今もよく唱えています。

「不思議、だいすき」

世界を見渡すと、森羅万象、不思議だらけに思えてきます。
不思議の中に、私は神性を見つけます。
心を打たれます。
別の表現をしたら、
愛や優しさと言ってもいいかも知れません。
そして言葉を超えたやりとりを、
自然と交したくなるのです。



# by juno-3 | 2016-12-12 20:48 | 花・自然 | Trackback | Comments(4)

空から降ってくるもの

f0325859_00585374.jpg




『無心』

一点の曇りもない
澄んだ心になって
天から降ってくるものを
受け取りたい。





# by juno-3 | 2016-11-30 23:30 | | Trackback | Comments(2)

一筋の流れにのって/ブログ記事ご紹介 ②

11月に突入し、すっかり秋も深まってきました。
少し間が空いてしまいましたが、
前回の記事「小さな生命の木」、実は、
あるブログをご紹介するための前座のような投稿でした。
そのブログのタイトルはー、

『生命の樹を使いこなして♪大好き、嬉しい、ほっとする♪』

そう、記事にするタイミングをうかがっていたところ、
あの「小さな生命の木」とふと目が合ってしまった、という訳。

以前ご紹介したブログ同様、こちらも、
6月末に出版されたネヴィル・ゴダードの本を訳していたときに出会いました。
ネヴィルがその師からカバラを学んだ、と知り、
カバラについてネット検索していて辿り着いたのです。
それが↓こちらの記事。訪問したのは多分2015年の5月頃?


前半から、もうドキドキしながら読み進めたのですが、
後半になってネヴィルさんが登場し、その記述は、
私のことが書いてあるの?と錯覚するかのようでした(以下引用)。

”すらすら読めるものでもなく、
1行読んでは、天を仰ぎ、
また1行読んでは考えて、
を繰り返して入って行く世界が本の向こうに在るのです”

これ、本当に私がやっていたこと。
いったい何度天を仰いだでしょう!

そして、無事ネヴィルの3冊目が出版されてまもなく、
お気に入りに登録していたこちらのブログを久しぶりに再訪。
すると!!!
またまたネヴィルについての記述がー。
ぜひリンク先をクリックしてみてくださいね。
(私の言葉は邪魔なので、手短にいきます)



流れに導かれるかのごとく、
ブログ主さまへFacebookからコンタクトさせて頂き、
その後、書いてくださった記事がこちらです、



そう、世界を良くする方法はとってもシンプル。
シンプルだと知って、そう決めてしまえば、本当はシンプルなのです。
リンク先でリブログされている記事もぜひお読み頂きたい内容です。

さて。
ここまでがとっても長かったのですが、本題(やっとー)。
こちらのブログ主さまの初のご著書が、今月末、出版となります。
ブログ内でちらっ、ちらっ、と話題にされていて、
刊行前からこんなに心待ちにした本はかつてなかった!という程に
楽しみにしているところです。
その本の編集者さまは、『もう君はそこにいる!』に序文を寄せてくださった
奥平亜美衣さんの最初のご著書、
『引き寄せの教科書』を世に送り出された方。
ますます期待が高まります♡





# by juno-3 | 2016-11-10 16:50 | 紹介いただいた記事 | Trackback | Comments(0)

小さな生命の木

f0325859_17370936.jpg




アジサイの英語名、Hydrangeaは、
ギリシャ語で「水の器」を意味します。

今日の写真は、
自宅の庭で見つけた一片のアジサイの花。
葉脈だけが最後に残り、それとフト目が合ったのです。

夏のあいだ、せっせと水を運んだ葉脈は、
2cmにも満たない小ささですが、
「水の器」を育て、支え続けた、
堂々たる生命の木。

そんな存在感を伝えたいなと思い
撮ってみた一枚です。

”お疲れさま”と感謝の気持ちを込めて。



# by juno-3 | 2016-10-26 18:46 | | Trackback | Comments(7)

ウクレレを引き寄せる

今日の出来事。

お昼頃、友人から電話がかかって来て唐突にこう言われた。
「ねぇ、ウクレレやらない?ウクレレの教室に通い始めたんだけど」

楽器演奏に特に興味ないし、うーん、ウクレレかー。
教室に通うのも大変。ってことで断るも、
「そうじゃなくて、私が教えるの。習った後に」
「はぁ???」
ぐいぐい勧誘が続く。

たまたま私から渡したいものがあり、近くに居るというので
家に寄ってもらったところ、彼女の手にはウクレレがー。
「うわっ、持ってたんだ」、とビックリ。

たぶん初めて見るウクレレ。
思ったより小さい。

玄関先で音を聴かせてくれたり、指使いを見せてくれたり、
教える気まんまん。
そしてなぜか2台持っているというウクレレを1台置いて行こうするのです。
「置いてく」「要らない」
の押し問答のあと、持ち帰って貰ったけれどー。

そのあと何時間か経って、「あれっ?」と気づいたのです。
昨日の朝から突然、本当に突然、
”エレキギターの唸るような美しい音色”がどうしても聴きたくなり、
ユーチューブ内を探し回っていたことに。
今日も。
その友人から連絡が入る前後も。

イメージが全然違うけど、エレキもウクレレも同じ弦楽器ですよね。
エレキギターは難しいし、スピーカーとか色々面倒。
だから、代わりにウクレレが来てくれたのかな?
ちょと“的がずれた”引き寄せ??

突然連れてこられて、持ち主が音を奏でまでし、
置いてかれそうになったけど帰されたウクレレ。
ウクレレにしてみれば、「呼ばれたから来たのに、何なんだ?」
って思ったかな??
まぁ、自分が演奏したかった訳でもないし、求めていたのはエレキの唸り。
だけど、無下に追い返したりして悪かったなと、
ちょっぴり反省した今日の微妙な引き寄せでした。

*美しいエレキの音色をご存じでしたらご紹介ください♪
あ、ウクレレの曲でも♪
(ウクレレは”ジェイク・シマブクロ”さんがいいとの情報を頂きました)

# by juno-3 | 2016-10-19 15:01 | 引き寄せ | Trackback | Comments(4)

翻訳中の出来事/ブログ記事ご紹介 ①

10月に入り、心地よい天候が続いていますね!
記事にしたいことは沢山あるのに、更新が滞っていました。

今日はブログ記事のご紹介です。
”潜在意識で時空を切り拓いて生きていく男”
とプロフィールに書かれている方のブログです。

検索していてこの記事に出会った頃は、『もう君はそこにいる!』の訳を見直したり、
解説を書くための資料を集めたり、ということをしていました。

翻訳というのは、一人で取り組む孤独で地味な作業です。
勿論、嫌いじゃないからやってるのですが、
それは「本」という形になった時に、喜んで下さる方、役立てて下さる方が
必ずいる、という信念があるからこそ楽しんで出来ているのです。

だから、

”どういう訳で世に出るか、ぼくも楽しみにしている”

という言葉が目に飛び込んできたときは、
本当に本当に嬉しかったのです。
自分の中にパワーが湧き上がってくるのを感じました。

その記事をリンクします、クリックしてご覧くださいね。


パワーが湧き上がって来たと同時に、私は叫んでいました。

『ありがとうございますーーー!!!
どうぞ待っていてください、もうすぐですー!!!』

自分で「感情の爆発」と呼んでいるのですが、
両手を上にあげ、天を見上げて叫ぶのです。
だれかが傍にいるときは、心の中でやります。アブナイ人になるので(笑)
意図してやる、というのではなく、自然にそうなるからやっているのですが、
体験上、これをやると、いろいろと事が上手く運ぶようです。



# by juno-3 | 2016-10-14 14:29 | 紹介いただいた記事 | Trackback | Comments(0)